秘密主義アナ・鳥越佳那アナウンサー

秘密主義とは言いつつも、実際は秘密でも何でもなく、自分の事をあまり言いたがらない人ってちょくちょく居るもので。 この静岡第一テレビの鳥越佳那アナウンサーも、実は普通の人だけど、言いたがらないタイプの人、というだけか。 しかし、怖いのは賃貸の一人暮らしで防音部屋でもないところでの、専用器具まで完備しての一人カラオケ!・・・。 まるでプロ仕様の酸素吸入器かの如くの道具を口に当て…

続きを読む

刑事ドラマのうそホントをズバリ解説!

刑事ドラマのうそホントを元プロの方々がズバリ解説してくれます。 相棒という、水谷豊さんの大ヒットドラマがありますが・・・。 しかし、相棒なんて本当に居るの?という疑問を持った方も居るのではないでしょうか? 相棒というより職務上のパートナーと言った方が適切かもしれないですね。 後輩指導や安全を図るために2人1組で行動する、それは、相棒を持つという事とはニュアンスがちょっと違…

続きを読む

カタログギフトでの元の取り方 しかし・・・

カタログギフトって、最近、季節柄でもこまめに贈る人ってたくさん居るのでしょうか? 上流階級ばかりの慣習の様なイメージのあるカタログギフトですが、ところで・・・。 値段相応の元を取れる買い方って、どの様にすれば良いのだろうか?という素朴な疑問。 これならさすがに持った事ある疑問です。 そう考えると、これはカタログギフトに限った話でもなさそうですが、しかし、節約文化や質素…

続きを読む

新元号・令和 発表の瞬間

前天皇の生前退位による新しい元号への改元。 平成に変わる新しい元号が発表されました。 2019年4月30日。午前11:40頃。 多くの日本国民がTVや街頭大型モニターの前に集まって見守る瞬間でした。 そして、発表された新元号、令和。 万葉集の中から引用されたという言葉。 造語と言って良いのかどうか、まぁ当然、知った瞬間から、強すぎる違和感。 令という字を視た…

続きを読む

笑っていいとも!最終回

ま~~~しかし面白い! 半端なく面白い! お昼のバラエティーの32年間続いた超長寿番組「笑っていいとも!」の最終回ゲストはビートたけしさん。 今では「ビート」とつける人はあまり居ませんが、まぁとにかくなんてったって面白い。 紙を持参して長い文章の祝辞を述べていますが、こんな演説を出来るのもたけしさんしかいないんじゃないでしょうか・・。 何気に、脇でアシスタントをやってい…

続きを読む

スーパーボランティア・尾畠春夫 氏の健康法は独特か?

先頃、山口県で行方不明になった2歳男児を立ちどころに探し当てた、一躍時の人となった、スーパーボランティアと通称されるおじいちゃん。 その尾畠 氏の私生活の断片も、しばしばマスメディアに採り上げられる事がありますが、ここで注目されたのは、その氏の特に食生活。 質素倹約と言わんばかりですが、それにしても、ちょっと簡素過ぎな気がしますし、バランスもちょっと偏っていませんか?と言いたくな…

続きを読む

動物かわいい瞬間!連発!

動物というのは、ある意味、人間よりもよっぽど面白い素晴らしいリアクションをとるものです。 リアクション芸人顔負けの思いつかない様なアクションを見せます。 その可愛らしさ、愛らしさに視ているものはヤラれてしまいますが、健気な姿に癒やされます。 まだまだ子供な子猫が、少し離れたソファーに向かってジャンプが成功するか? おっかなびっくり挑戦します。その勇気を持って挑戦しようとす…

続きを読む

東京ディズニーランドの魅力を風間俊介が独特に解説する

マニアックという領域を超えているその解説。 何と!ジャニーズの一員である踊れない俳優、風間俊介さんが、その深すぎるディズニー愛で東京ディズニーランドの魅力を隅々まで解説します。 それにしても、ディズニー愛がここまで来たら、もぅキモいです。 ある意味、ただのディズニー好きではなく、ツボを捉えた、急所ばかりを知る教祖の様なディズニーランド愛。怖いッス。 一緒に遊びに行った…

続きを読む

ららぽーとは楽しい!スマートシティ構築 三井不動産の実力とは?

丸1日、家族ぐるみで楽しめる大型ショッピングセンター、それがららぽーと。 1号店の船橋のモールには、当方も何回か足を運んだ事はあります。 ららぽーとに遊びに行って、店内のあちこちでそんなにお金を使うと結構な金額を消費するものですが、そんなららぽーとを作った不動産企業が三井不動産でした。 しかし、ショッピングモールを作るだけではない、一個のマンションを作るだけではない、それを…

続きを読む

冬麗戦2019 俳句の戦い東国原英夫氏、優勝!

今や、お笑いタレントも歌舞伎役者も東大生も、他に何か、コレ!という、キラッと光る小技、神業的な特技を持っていないと生き残れない時代になっているのでしょうか・・・。 俳句なんて、決して簡単ではない言葉の知的技能。 もはや、お笑い芸よりも数段難儀な世界なのではないでしょうか?とさえ思える芸事。 そんな俳句の2019年、冬麗戦を制した東国原英夫氏の栄冠の一句。 LGBTに生…

続きを読む