週刊文春の記者は狙われたりしないのか?

日頃、スクープネタを連発している週刊誌の記者。 その中でも昨今、その名を世間に知らしめている週刊文春。 しかし、やり過ぎてる感も満載である週刊誌の記者達というのは、果たして狙われたりしないのだろうか? ・・・という素朴な疑問も付き纏う。 週刊文春と言ったって、要するに、文藝春秋という出版社が持つ事業の一つの週刊誌ですが、しかし、当然?というべきか、ちょいちょい狙われる事は…

続きを読む

輸血の為にすべての血液をO型に変える技術

輸血の為に、他の血液型の血液を全てO型に変えるという技術が実現されつつあるという。 まだ5~10年ほど先になるという話らしきだが、遠くない将来、いずれ実現される様である。 O型の血液は、およそ誰にでも輸血出来るという話は耳にした事がある。 実際やっている場面に出くわした事があるわけではありませんが、今回ここに紹介しているのはその逆の話です。 医学の凄い人たちの間では、日々…

続きを読む

闇が深すぎる占い依存する地方局アナウンサー

ここまで来ると、結構怖い。 闇が深すぎる地方局女子アナウンサー、くまもと県民テレビ・井上千沙アナウンサー。 顔だけ視てるとまるで、リスっぽい小動物系に視えるのに・・・と思いきや。 見進めると・・・、「病んでるな~・・・」と思う怖い場面が。 何でもかんでもその日の行動をタロットで決める、というのは精神を病んでる一歩手前かと思えるところ。 自分で極め過ぎて、アナウン…

続きを読む

交番のお巡りさんの実像

世界的にも有名になった日本の交番。 派出所という名称をやめ、今では全国的に交番というのだそうですね。 その交番のお巡りさんは普段、どんな事をやっているのか? 交番のお巡りさんの実像とは? 警察学校を卒業して、誰しもがまず先に就くのが交番だそうですね。 道を聞かれるのが、特に多い仕事らしく。それだけを聞くと、ほのぼのしていていいな・・・なんて思っちゃったりもしますが。…

続きを読む

ものまねタレントは儲かるのか?

ものまねタレントってぶっちゃけ儲かるのか? ある程度の頂上まで登り詰めればそりゃ相当儲かるでしょう。 そこまで登りつめるのにどれだけの努力、練習、勉強を積み重ねているのか・・・。 どれだけの人達を笑いと面白さに引き込んでお金払った分の楽しさを与えているのか? それを想像すれば、大金を稼いでいる事にも合点と納得が行くでしょう。 四天王と呼ばれる方々、コロッケさんなどに…

続きを読む

秘密主義アナ・鳥越佳那アナウンサー

秘密主義とは言いつつも、実際は秘密でも何でもなく、自分の事をあまり言いたがらない人ってちょくちょく居るもので。 この静岡第一テレビの鳥越佳那アナウンサーも、実は普通の人だけど、言いたがらないタイプの人、というだけか。 しかし、怖いのは賃貸の一人暮らしで防音部屋でもないところでの、専用器具まで完備しての一人カラオケ!・・・。 まるでプロ仕様の酸素吸入器かの如くの道具を口に当て…

続きを読む

刑事ドラマのうそホントをズバリ解説!

刑事ドラマのうそホントを元プロの方々がズバリ解説してくれます。 相棒という、水谷豊さんの大ヒットドラマがありますが・・・。 しかし、相棒なんて本当に居るの?という疑問を持った方も居るのではないでしょうか? 相棒というより職務上のパートナーと言った方が適切かもしれないですね。 後輩指導や安全を図るために2人1組で行動する、それは、相棒を持つという事とはニュアンスがちょっと違…

続きを読む

カタログギフトでの元の取り方 しかし・・・

カタログギフトって、最近、季節柄でもこまめに贈る人ってたくさん居るのでしょうか? 上流階級ばかりの慣習の様なイメージのあるカタログギフトですが、ところで・・・。 値段相応の元を取れる買い方って、どの様にすれば良いのだろうか?という素朴な疑問。 これならさすがに持った事ある疑問です。 そう考えると、これはカタログギフトに限った話でもなさそうですが、しかし、節約文化や質素…

続きを読む

新元号・令和 発表の瞬間

前天皇の生前退位による新しい元号への改元。 平成に変わる新しい元号が発表されました。 2019年4月30日。午前11:40頃。 多くの日本国民がTVや街頭大型モニターの前に集まって見守る瞬間でした。 そして、発表された新元号、令和。 万葉集の中から引用されたという言葉。 造語と言って良いのかどうか、まぁ当然、知った瞬間から、強すぎる違和感。 令という字を視た…

続きを読む

笑っていいとも!最終回

ま~~~しかし面白い! 半端なく面白い! お昼のバラエティーの32年間続いた超長寿番組「笑っていいとも!」の最終回ゲストはビートたけしさん。 今では「ビート」とつける人はあまり居ませんが、まぁとにかくなんてったって面白い。 紙を持参して長い文章の祝辞を述べていますが、こんな演説を出来るのもたけしさんしかいないんじゃないでしょうか・・。 何気に、脇でアシスタントをやってい…

続きを読む