スーパーボランティア・尾畠春夫 氏の健康法は独特か?

先頃、山口県で行方不明になった2歳男児を立ちどころに探し当てた、一躍時の人となった、スーパーボランティアと通称されるおじいちゃん。 その尾畠 氏の私生活の断片も、しばしばマスメディアに採り上げられる事がありますが、ここで注目されたのは、その氏の特に食生活。 質素倹約と言わんばかりですが、それにしても、ちょっと簡素過ぎな気がしますし、バランスもちょっと偏っていませんか?と言いたくな…

続きを読む

動物かわいい瞬間!連発!

動物というのは、ある意味、人間よりもよっぽど面白い素晴らしいリアクションをとるものです。 リアクション芸人顔負けの思いつかない様なアクションを見せます。 その可愛らしさ、愛らしさに視ているものはヤラれてしまいますが、健気な姿に癒やされます。 まだまだ子供な子猫が、少し離れたソファーに向かってジャンプが成功するか? おっかなびっくり挑戦します。その勇気を持って挑戦しようとす…

続きを読む

東京ディズニーランドの魅力を風間俊介が独特に解説する

マニアックという領域を超えているその解説。 何と!ジャニーズの一員である踊れない俳優、風間俊介さんが、その深すぎるディズニー愛で東京ディズニーランドの魅力を隅々まで解説します。 それにしても、ディズニー愛がここまで来たら、もぅキモいです。 ある意味、ただのディズニー好きではなく、ツボを捉えた、急所ばかりを知る教祖の様なディズニーランド愛。怖いッス。 一緒に遊びに行った…

続きを読む

ららぽーとは楽しい!スマートシティ構築 三井不動産の実力とは?

丸1日、家族ぐるみで楽しめる大型ショッピングセンター、それがららぽーと。 1号店の船橋のモールには、当方も何回か足を運んだ事はあります。 ららぽーとに遊びに行って、店内のあちこちでそんなにお金を使うと結構な金額を消費するものですが、そんなららぽーとを作った不動産企業が三井不動産でした。 しかし、ショッピングモールを作るだけではない、一個のマンションを作るだけではない、それを…

続きを読む

冬麗戦2019 俳句の戦い東国原英夫氏、優勝!

今や、お笑いタレントも歌舞伎役者も東大生も、他に何か、コレ!という、キラッと光る小技、神業的な特技を持っていないと生き残れない時代になっているのでしょうか・・・。 俳句なんて、決して簡単ではない言葉の知的技能。 もはや、お笑い芸よりも数段難儀な世界なのではないでしょうか?とさえ思える芸事。 そんな俳句の2019年、冬麗戦を制した東国原英夫氏の栄冠の一句。 LGBTに生…

続きを読む

ZOZO前澤社長の自宅をビックリ訪問レポート

まあ、ぶっちゃけ、結果論から言いますと、当方は前澤社長の千葉の自宅がどんなか?には興味は無いんですが、しかし、興味本位にどんな感じなのかはTVでダラダラとながら視してました。 ZOZOの運営であれだけ稼いでいれば、庶民的な住宅とはかけ離れてぶっ飛んでいるのだろうと思いましたが、ぶっ飛んでいる事もそうですが、強い拘りが濃縮した家という印象かなと。 世界の有名セレブには、もっとと…

続きを読む

札束で頬を叩かれると何百万円分まで耐えられるのか?

札束で頬を殴られる。 これは、「どれくらい痛いんだろう?」と疑問が湧いた人もそれなりに居るのではないだろうか? 100万、200万、300万・・・と増える毎に、痛みは増えていく。 男性が女性にグーで殴られる痛みと、お札の束で殴られる痛みと、どちらの方がどう痛いのか、少なからずの興味や疑問はあるものの、試す機会なんかありませんからね。 妙な疑問をさまぁ~ずがナビゲートし…

続きを読む

堕ちたカリスマ・虚栄の経営者カルロス・ゴーン氏ドキュメント

日産を、起死回生の様に生き返らせる為にわざわざ海外から来たのに、カリスマ経営者と呼ばれ、コストカッターという異名まで通称されたかつての経営者は、堕ちた。 結局、不誠実に物事を強引に推し進めれば、どこの誰であろうといずれ堕ちるのです。 カルロス・ゴーン氏。 大規模な主要工場を閉鎖したり、大人数の首を切ったりしてまで経営再建してはみたものの、私腹を肥やす悪巧みを働き続けた代…

続きを読む

三浦と水卜の違いって何?

一般的な三浦と、水卜アナウンサーの水卜って、果たして何が違うのでしょう? その差について、苗字の専門家が語ります。 三浦の由来は、その経緯を知ると、なるほどな!とあっさり頷ける話が視えてきます。 三浦海岸を例に上げて、その由縁は解ります。が! 水卜とは?・・・。 意外にも、あの職業から端を発したともされる様です。 当方は何気に、薄っすらと悟っていましたが。 …

続きを読む