冬麗戦2019 俳句の戦い東国原英夫氏、優勝!

今や、お笑いタレントも歌舞伎役者も東大生も、他に何か、コレ!という、キラッと光る小技、神業的な特技を持っていないと生き残れない時代になっているのでしょうか・・・。 俳句なんて、決して簡単ではない言葉の知的技能。 もはや、お笑い芸よりも数段難儀な世界なのではないでしょうか?とさえ思える芸事。 そんな俳句の2019年、冬麗戦を制した東国原英夫氏の栄冠の一句。 LGBTに生…

続きを読む

ZOZO前澤社長の自宅をビックリ訪問レポート

まあ、ぶっちゃけ、結果論から言いますと、当方は前澤社長の千葉の自宅がどんなか?には興味は無いんですが、しかし、興味本位にどんな感じなのかはTVでダラダラとながら視してました。 ZOZOの運営であれだけ稼いでいれば、庶民的な住宅とはかけ離れてぶっ飛んでいるのだろうと思いましたが、ぶっ飛んでいる事もそうですが、強い拘りが濃縮した家という印象かなと。 世界の有名セレブには、もっとと…

続きを読む

札束で頬を叩かれると何百万円分まで耐えられるのか?

札束で頬を殴られる。 これは、「どれくらい痛いんだろう?」と疑問が湧いた人もそれなりに居るのではないだろうか? 100万、200万、300万・・・と増える毎に、痛みは増えていく。 男性が女性にグーで殴られる痛みと、お札の束で殴られる痛みと、どちらの方がどう痛いのか、少なからずの興味や疑問はあるものの、試す機会なんかありませんからね。 妙な疑問をさまぁ~ずがナビゲートし…

続きを読む

堕ちたカリスマ・虚栄の経営者カルロス・ゴーン氏ドキュメント

日産を、起死回生の様に生き返らせる為にわざわざ海外から来たのに、カリスマ経営者と呼ばれ、コストカッターという異名まで通称されたかつての経営者は、堕ちた。 結局、不誠実に物事を強引に推し進めれば、どこの誰であろうといずれ堕ちるのです。 カルロス・ゴーン氏。 大規模な主要工場を閉鎖したり、大人数の首を切ったりしてまで経営再建してはみたものの、私腹を肥やす悪巧みを働き続けた代…

続きを読む

三浦と水卜の違いって何?

一般的な三浦と、水卜アナウンサーの水卜って、果たして何が違うのでしょう? その差について、苗字の専門家が語ります。 三浦の由来は、その経緯を知ると、なるほどな!とあっさり頷ける話が視えてきます。 三浦海岸を例に上げて、その由縁は解ります。が! 水卜とは?・・・。 意外にも、あの職業から端を発したともされる様です。 当方は何気に、薄っすらと悟っていましたが。 …

続きを読む

汗はなぜしょっぱいのか?

汗がしょっぱい理由・・・。 それは、体の水分が塩水だからだ!・・・と、単純に思っていましたが、そんな簡単な理由ではない様で。 実際の理由がそこまで深いものだったなんて、知りませんでした。 もちろん、体内には塩分が含まれているというのはもう昔から周知の事柄ですが、そんな単純なものではない様ですね。 それにしても、汗をかくのに上手い下手って・・・そんな事が理由にあったんで…

続きを読む

兵士遊戯の場で恐怖!偶然の命拾い・・・

ウクライナでの兵士遊びの光景です。 使われている剣が、模造剣か?真剣か? でも、ごっこでも、結構ここまで真面目に遊戯を楽しんでいたら、模造剣でもかなりの大怪我をする事でしょう・・・。 そして、奇跡的な偶然は起こった。 数センチの差で傍観者の頭上を掠めて行った剣。これがもし、あと数十センチでも位置が下だったら・・・ 首ごと撥ねられて即死していた…

続きを読む

ベビーカー救出!危機一髪の瞬間!

ロシアで起こったとんでもない危機一髪劇。 駅のホームでベビーカーへの注意を怠っているお父さんが、呑気に記念撮影なんかしようとするからバチが当たったのか? 突風が吹いた瞬間にベビーカーが赤ちゃんを乗せたまま線路に落下。 お父さんは迷わず線路に降り、ベビーカーを救い、電車が全速で走りくる、迫り来る中、ホームに上がろうとする・・・。 果たして助かるのか・・・。 しかし…

続きを読む

新進気鋭の映画監督 まだ弱冠二十歳の大学生 松本花奈さんの実像

最近めっきり映画館できちんと映画を見る機会も少なくなりまして・・・。 そして、この松本花奈さんという監督さんも、全然知りませんでした。 この監督さんを紹介する際の作品の断片を視ると、あ~そう言えば、視たことあるな・・・と頭をかする程度でした。 アイドルグループのMVの場面を視た方が、これを創った人なの?と、より判り易いかもしれません。 しかし、その作品…

続きを読む

雪山の雪崩で命拾いの瞬間・・・

アメリカの雪山で起こった九死に一生の危機一髪の瞬間。 スノーモービルでどこまでも軽快にガンガン行きます。 調子に乗ると、何でも良くないですね。 雪山の果まで辿り着いた瞬間、優越感に浸って英雄にでもなった感傷に浸りたいと思う所かもしれませんが、とんでもない・・・。 その瞬間、雪崩が起きる。 あと数センチズレていたら、死んでいたかもしれません。 紙一重の僅かな差で…

続きを読む